「日傘男子広め隊」キックオフ。-埼玉県を訪問し、男性用日傘を贈呈-

2017.07.18
日傘普及啓発「自分の日かげを持ち歩こう!」活動のひとつとして、暑さ対策を積極的に進められている埼玉県を訪問し、男性用日傘を提供させていただきました。

 埼玉県はヒートアイランド現象と地球温暖化により、猛暑日がここ50年で7倍に増加し、熱中症救急搬送者が年間3000人を超えるなど「暑さ対策」が大きな課題となっているとのこと。また、熱中症による救急搬送者(成人・高齢者)は、男性が約7割を占めているそうです。(埼玉県調べ)

 環境省では、都市部で起こるヒートアイランド現象の対策として、女性だけでなく男性の日傘利用を推奨し、日傘などの日よけだけでも体感温度を5℃~7℃低下させることができると公表しています。

 男性の日傘利用率はまだまだ低く、今回を機に、さらなる男性用日傘の普及啓発に取組みます。

 
日本洋傘振興協議会の埼玉県への訪問
日  時 平成29年7月18日(火) 15時00分~15時30分
贈呈セレモニー 埼玉県 環境部長 宍戸 信敏 様
日本洋傘振興協議会PR部会長 島影 幸有(サンマルコ(株)会長)     
概  要 男性用日傘の普及啓発に協力して取り組むことなどを確認しました。
     また、埼玉県のマスコット(コバトン、さいたまっち)を交えて、
     埼玉県職員による「日傘男子広め隊」の写真撮影を行いました。

男性用日傘の普及啓発
 今後、継続的に埼玉県職員の方々と連携し、より多くの男性に「日傘の効果」を体感し、実用していただけるよう日傘の普及啓発に取組みます。「恥ずかしい」とか「荷物になる」といった、こころのハードルを下げるための施策を試みます。


関連リンク:埼玉県ホームページ
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0502/higasa/higasa.html  
 
日本洋傘振興協議会 広報室 田中 西村
電話 03-3526-2606

ページトップへ

  • 第54回雨やどり川柳優秀作品発表
  • 街角傘美人
  • アンブレラマスター紹介
  • アンブレラ・マスターがいるお店
  • 降っても傘、照っても傘。フォトキャンペーン