JUPAの東日本大震災義援金・物資寄付について

2011.09.30

JUPAが東日本大震災被災地に義援金・物資を寄付

日本洋傘振興協議会(JUPA)では、東日本大震災被災地の支援を目的に日本洋傘振興協議会被災地義援事務局を設置し、被災地への義援金・物資を募った結果、JUPA会員企業や関連企業から、9月20日までに31件、358万円の義援金が集まりました。

義援金は5月20日に第1回目として、227万円を日本赤十字社に拠出、9月20日に第2回目として、131万円を「いわての学び希望基金」に拠出いたしました。同基金は、津波・震災孤児が自らの希望に沿った学校を卒業し、社会人として独り立ちするまで、息の長い支援をするものです。
また、物資については、福島県・宮城県・岩手県遠野市の各災害対策本部へ、29社より提供された傘2万609本、レインコート8186着を6月中旬に届けました。

ページトップへ

  • 第53回雨やどり川柳の募集を開始しました
  • 街角傘美人
  • アンブレラマスター紹介
  • アンブレラ・マスターがいるお店
  • 降っても傘、照っても傘。フォトキャンペーン